-
温かくて静けさのある、穏やかな暮らしができる住をつくりたいと

考えて日々設計をしています。北欧を旅していた時、お気に入りのも

のが設えられた窓際、温もりのある室内の風景、人の居場所に寄り添

うあかりなど厳しい自然の中において長い時間を過ごす家に何が必要

か、暮らしが豊かであるということはなにかということに対してのと

ても自然体な感性に感銘を受けたという点があります。豊かな暮らし

をおくること効率を求めた上に成り立つものではなく、ふとした瞬

に四季を感じたり、使い続けながら美しくなっていくものがあっ

り、家が自然と親密であることのように思います。北欧の家には自然

親密になれる感性が宿っているように感じます。北欧の建築家たち

が考えていたどのようにこに暮らす人暮らしに寄り添えるか。そ

うして人に寄り添って設計された住宅でらすことの豊かさをひとり

でも多くの方に伝えたい。そう思いながら今日も設計をしています。

事務所の特徴
Characteristic
左官
無垢の木
Plasterer
Solid wood
cloth
可能な限り室内には左官をおすすめしています。なぜ左官がよいか?と言われると少し困ります。調湿性能があったり性能面の部分もありますが、そういった部分よりもとにかく人の手が入った表情はなにものにも代えがたく美しさや温もりを感じるからというのがその答えかもしれません。ぜひ多くの方に左官でできた家に住んでいただきたいと願っています。 木は無垢が好きです。木目調のシートなども現代の印刷技術でその違いは分からなかったりもしますが、やはり年月が経つと剥がれてしまいその存在は失われます。無垢の木であればまたやすりで削ってあげてオイル塗装をしてあげればその表情は甦ります。そして、表情が変化するのもよいです。家ができて完成よりも何年後かに馴染むくらいがいい家と考えています。 装飾的な要素は建築家で嫌う人も多いですが、単純に布が好きなのでカーテンなどで使用します。この布はミナペルホネンですが、この布があることでこの窓辺にはホっと一息つける居場所ができています。住宅の壁、床、天井は固い表情になりがちです。そんな固さをやわらげてくれるものが空間にあると心のより所ができるように感じます。
手触り
あかり
構造
hand feeling
light
structure
手で触る場所にはお金をかけるようにしています。建築家の中でも住宅作家といわれる居心地の良い住宅をつくっている方たちの受け売りではあります。手で触るということはこちら側からあちら側へ行ったり、閉じられているものを開いたり変化を生み出すことです。そのきっかけが優しいものであればいいなと思い、手触りのいいものを使うようにしています。 北欧の家には美しいあかりがあります。長い冬を過ごすために室内には穏やかな温かさが必要であったからかと思いますが、そのあかりは心がとても落ち着きます。静けさは苦悩や恐れを真の意味で癒すと尊敬する建築家の言葉ですが、かっこいいあかりよりも、家に帰ってきて落ち着いた時間が過ごせるようなあかりがあればと考えています。 なるべく木に負担がかからないようシンプルな形状にしています。材料は内部割れの少ない中温乾燥で、柱は杉か桧、梁は米松が基本としています。柱も現在の流通ですと105角が多いですが、材同士の仕口の欠損を考慮すると120角の方が材に粘りがでるのでおすすめしています。耐震等級という数値でみるのではなく、長期間性能を発揮できる木材を推奨しています。
断熱
外のある暮らし
佇まい
Insulation
wood deck
Appearance
自然素材の断熱が使用できればよいですが、コスト面でグラスウールになることが多いです。ただし、グラスウールでも寒冷地で使うような密度の高い20Kのものを使用しています。断熱も水と同じで穴が開いていればそこから熱が逃げていってしまいます。施工時にきちんと施工されているかチェックしてあげることで性能が担保されるよう慎重に現場監理をしています。 実家の庭にウッドデッキをつけた時に、外に暮らしがひろがっていくとこんなにも世界が違うのかと驚いた経験があります。人におすすめしたいものはなんとしてもおすすめしたい性格なので、ウッドデッキは自分でつくることにしており、どの家にもつけています。季節のよい時期は短いですが、それでも外で過ごす時間は暮らしを豊かにしてくれると思っています。 なんの工夫もない切妻の屋根の家ですが、風景に馴染んでその場所にたたずんでくれたらいいなあと思い設計をしています。雨、風、雪といった様々な気象条件の中で家は人の居場所を守ってくれています。技術的には様々なことができるのですが、できれば自然なかたちで建ってほしいと思いますし、飾らない佇まいの家も人も好きなのでそうなっているのだと思います。
PROFILE
-概要-
office 兵庫県神戸市北区桂木
atelier 長野県飯田市高森町
tel 080-3764-5396
e-mail info@morimoto-architect.com
土地探しからローン申請、家づくりに関することは
小さな疑問から気軽にご相談いただければと思います。
-森本敦志-
1985 神戸市生まれ
2003 兵庫県立兵庫高等学校
2007 兵庫県立大学環境人間学部
2009 兵庫県立大学大学院環境人間学研究科
2010 設計事務所勤務(神戸、夙川、長野)
2016 森本敦志建築設計事務所設立
一級建築士事務所登録 第01A04267号
一級建築士番号 第349919号
Q&A
@「建築設計事務所の家ってどういった家ですか?」

家づくりにおいてはいろいろな選択肢があります。設計事務所の家が一番特徴的なのは売るための家ではなく、一緒につくりあげていく家であるということです。

それはオーダーメイドの洋服をつくるようなものです。服を頼みたいという時に、少しやわらかい生地で、ボタンは陶器で、しわになっても味があるように見える素材でといったおおまかな要望があるかと思います。そうした言葉にできる要望に加えて、襟が少しだけ丸いと雰囲気に合いそうだななどかたちに表す部分もあります。

きちんと全体の調和がとれていて、何年も着続けることができ自然と袖を通したくなる、なんだかその人にとても似あう飽きのこないものをつくることと考えていただければと思います。

A「でもオーダーメイドって高いでしょうか?」

金額だけを見るとローコスト住宅に比べ多少高くなってしまいます。安物買いの銭失いではないですが洋服と違って簡単に捨てることができない高い買い物ですので、素材の選定などに10年で取り換えしてしまうものより20年持つものを勧めてしまうという点で最初は高く感じてしまうかと思います。

質を高くするためにはお金がかかりますがその分の費用を捻出するために当事務所は構造設計、写真撮影、現場の塗装からウッドデッキの製作といった簡易な大工仕事までできることはなるべく設計士が行っています。(50〜100万円程度は他の事務所に比べ安くなります)また個人でしている小さな事務所なので、広告費や営業費などの諸経費も含まれていませんので必要以上の利益を出す必要性がなく大切な予算をお客様の家に100%使うことが可能です。

でも設計料があるので高いですよね?と言われることもありますがどんな会社でも図面をひき、申請業務をし、現場監理をすることは同じで見積もり項目の見えない部分に入っているか入っていないの違いがあるかだけです。予算内で可能な限り質の高いものを使用しますので価格だけみれば少し高いけれど長い目でみれば安かったという価値のある仕事ができればと思っています。

B「仕事を頼む時みなさんどうされてますか?」

人によって様々です。気になる雑誌の切り抜きを貼ったノートを持ってこられる方や、特に何も用意はせず喫茶店で話をゆっくりとしながら好きなカフェや本や雑貨や、そういう考えであればこんな建物や空間がありますよと写真をみせて確認してもらったりもします。

インターネットで断片のイメージは簡単に集めれる世の中になりましたが実際はその人それぞれの暮らしを受け止める場所とならなければいけません。広い狭い、暗い明るいなど個人差があるものを見だすのはこちらの仕事なのでとにかく話をすることが大事です。

一番は住まわれている家をみせていただくと人それぞれの考え方が分かります。掃除してないから恥ずかしいと言われることがありますが今の暮らしをみせていただけると解決策を練ることができるので気軽に呼んでいただけたらと思います。そしてご家族で意見が様々に分かれることと思いますのでご意見を整理させていただけたらと思います。

打合せの回数が増えても特に設計料は変わりませんので後は根気よく家づくりしてみよう!この人を信頼して任せてみよう!という決断だけがあれば大丈夫です。

C「土地探しから頼んでも大丈夫ですか?」

もちろん大丈夫です。3500万円の予算があるとして1500万円の土地を購入し建物を2000万円で建てるよりも1000万円の土地で2500万円を建物にかける方が建物の質を上げることに予算を使えますのでおすすめです。

安い土地だと狭くて建てれなさそう・・・と思われがちですが、狭くても工夫して良質な住まいにすることが規格住宅と違い設計事務所の腕の見せ所ですので、全体の予算管理から任せていただけるとよりよい住宅にしていくことが可能です。
買いたい土地があるよとの連絡をいただけましたら同行してその土地に対する見解などは無しさせていただきますので気軽に頼んでいただけたらと思います。
D「予算が無くても頼めるものですか?」

予算のバランスを根気強く取ることができるのが設計事務所のメリットなので一度相談いただければと思います。例えば、壁の仕上げをする時にクロスは1200円/u、珪藻土などの塗りは4500/uかかるとして自然素材を使いたいけど予算的にはあきらめなきゃなあとなるかもしれません

ただし自分達で珪藻土を塗れば1200円/u程度でクロスと同じ金額ですることも可能だったりします。さらにリフォームなどでは既存のクロスに自分達でペンキで色を塗れば500円/uですることだって可能です。

そうした細かな費用対効果を検討しながら進めていきますので、もし見積もりを取って予算オーバーしたとしてもその後に減額項目をつくり予算内に合わせていくことは可能です。

E「建築家の家って住みにくそう?」

建築家にも様々なタイプの人がいますので、雨漏りがする、暑くて住めないなどで5年もしたら住んでいないといった話も聞きますし、そうした多少なりとも不便な家でもかっこいい家だからと気に入って住んでいるという話も聞きます。どんな家でも住みこなしてしまうという方であれば問題ないのかもしれませんが大切なのは住む人の好みときちんと合っているかという部分が重要です。

当事務所ではシステムキッチンが使いたいと言われれば使います。もちろん製作家具でシンプルなキッチンとした方が使いやすいとは思いますが、それは美しくて無駄な機能がない方が使いやすいし、見た目に古びていくようなものの方が使っていて楽しいといった設計者の主観が入っている部分もあるので押し付けはしないようにはしています。

機能的な部分を置き去りにして設計をしてしまうと住みにくくなってしまうことがありますので、建築家の家らしくはないのかもしれません。建築家の家のような特徴ある家ではないですが、お客様と自分はいい家ができたなと納得し合える、何十年も住み続けられる家にはなっていますので、住みやすさということに関してはご安心いただければと思います。

F「実際、いくらで家ってできるのでしょうか?」

坪単価60〜90万円程度とお考え下さい。この指標でいくと30坪の家を建てるのに1,800〜2,700万円程度といった金額になるかと思います。ただ設計事務所の家は狭くても拡がりが感じられる家を設計するのがメリットです。

無駄に総面積を増やして金額を大きくする必要がありませんので4人家族でも25坪の家で1,500〜2,250万円とすることだって可能です。ただし、坪単価といった考え方では基本的には進めません。まずは予算の上限を提示いただいてからどういった家に住めるか検討しますので、ローンをいくらまで借りて、どの場所に住みたいか、少し駅から遠くても土地代が500万円変わるのならその費用で無垢の自然素材を使用した家にすることができるなどの話をしてバランスを取りながら進めることになります。

設計料を含めても意外と中位ハウスメーカーと変わらない金額だったりしますので、小さい事務所だけど任せてみようかなといった決断さえしていただければ規格住宅にはないその人のためだけの居心地の良い家づくりのお手伝いをさせていただけるかと思います。

それでは、ご縁がありましたら森本敦志建築設計事務所を家づくりの候補に入れていただけたらと思っております。

morimoto_architect