暮らしに寄り添った家をつくりたいと思う。

自然に対して素直にできあがった、古い民家がもって

ような純粋な建物はすばらしい。雨、風、雪、暑さや

寒さといった自然現象に対して長い年月をかけて謙虚に

答えをだしてきたから。新しいものが次々とでてくる中

で、先人のだした答えに耳を傾けること。そして、奇を

てらうことなく自分が今まで見てきたことや感じてきた

ことに対して時間の経過に耐えうる尺度をもつこと。

ういった気持ちを持ち続け設計をしていけたらと思う。