とある編集社のオフィス。

.

予算を伺って工事にいくらかかるか

計算してみると、材料費でほぼ無く

なってしまうことが分かったので

分達でしようということに。

.

以前は一部屋で作業するところと打

合せするところが混ざっていたので

性格の違う場所を分けることに。

.

具体的には部屋の真ん中に天井まで

いかない壁を立て床の仕上げも裏方

は杉の足場板、表方はモルタルとし

打合せスペースがより外に近い雰囲

気になるようしている。

.

収納はカラーボックスが最も安かっ

たのでパソコンデスクの上に並べて

取り付けることで既製品らしさが出

ないよう。パソコンデスクは合板で

つくり小口にタモの薄板をはって

っぽさがでないよう。また、既存サ

ッシの内側に米松下地材と中空ポリ

カでサッシを組むことで安価なもの

使ってはいるが材料の持つ価格以

上の価値を持った見え方になるよう

配慮している。

.

また、パソコンデスクの壁にはヤフ

オクで買ったタモやナラの半端材を

貼り付けたり、材料をいかに安く手

に入れ雰囲気を出していけるか検討

しながら仕事を進めている。

.

ローコストだからといってビニルク

ロスは味気ないので壁と天井は珪藻

土をみんなでコツコツと塗って仕上

げている。

.

セルフビルドなので、「まあ、味や

ね」ですませながらつくってはいっ

たが、きちんとした自然素材を使っ

ているのでできたオフィスはやわら

かい空気が流れ、ちょっとした落ち

着く喫茶店のような場所になってよ

かったかなと思う。