「 木 の 表 札 」

現場で余ったオークの木を表札に使う。

捨てられるものでも使い方次第で生き生きとする。

「 木 の 物 干 し 受 け 」

こちらも端材のメラピ。

既製品を買うとお金がかかるが設計士が

つくるとサービスでできるのがいいところ。

「 木 の ト イ レ ッ ト ホ ル ダ ー 」

こちらは既製品。

価格は2500円くらい。

探せばいろいろと安くていいものはある。

「 木 の 引 手 」

まだまだ木がつづきます。

手の触れるところはできれば木がよい。

木は触ると暖かみがある。

「 堀 商 店 の レ バ ー ハ ン ド ル 」

手の触るところはなるべくお金をかける。

堀商店の金物は使ってみるとその良さがわかる。

素材も真鍮は時間の経過で美しくなっていくのでよい。

「 真 鍮 の つ ま み 」

室内も真鍮を使うことが多い。

無印良品の収納に取りつけると

オークの突板も少し見え方が違ってくる。

「 プ ラ ス チ ッ ク 」

自然素材ですべてすることもよいが

スイッチプレートや浴室の扉は違うこともある。

素材は違えどかたちがかわいいと愛らしい。

「 陶 器 の タ イ ル 」

釉薬の色むらのあるタイルをよく使う。

均質なものより実際の空間では温もりを感じる。

表情の奥に土を感じるから?と思う。

「 シ ナ 合 板 ク リ ア 塗 装 」

素材の持つ奥行は大切である。

シナ合板にクリア塗装をすると濡れ色になる。

雨上がりの森は美しい。自然の表情になるのだろう。

「 ミ ナ ペ ル ホ ネ ン の カ ー テ ン 」

写真に撮って美しい空間よりも空気感が美しい方がよい。

ミナの布は外に出かけたくなる心がうきうきするような

雰囲気をもっているのでその空気感を少し借りている。

「 紙 」

なるべく光をやわらかく通したい。

ロールスクリーンも手軽でいいけれど、閉じた時に

光を蓄えるような素材はよいと思う。

「 ガ ラ ス 」

ガラスは不思議な素材である。

向こうが見えるけれど行くことはできない。

溶けて固まるその質感は他の素材を引き立てて

くれるので窓だけでなく照明とかにも使いたい。

「 光 」

ガラスは実体があるが光はない。

実体はないが光があたることでものが浮かび上がる。

そんな特性をいかして納まりを考えると

壁が詩的な雰囲気を持つことがある。

「 溜 り 」

溜りのある場所はよい。

そんな溜りのある場所の代表がニッチで

ものの居場所をつくってあげると

家がおおらかな雰囲気をもつように思う。

「 無 垢 の 木 」

おおらかさは暮らす上で大切。

これから育てていくものもあるが、

こうした木の表情は育ってきたものである。

そしてまたかたちを変えて育っていく。

「 や わ ら か な 緊 張 感 」

相反する言葉のように思える。

劇的な空間を求めてるわけではないので

弱い要素を重ねながら豊かな場所になるよう考えている。

雑木林に入るとひとつひとつの植物は分からない。

けれども多様性はなんだか居心地がよい。

「 暮 ら し の 風 景 」

家の中には暮らしの風景がひそんでいる。

あえて気づくようなものでないように

小さく寄り添ってくれるように考えながら

設計をしていけたらなと思う。